12.13
Wed
「オヤスカーフが完成に至る過程についての一想像」 
~オデミシュのオールドスカーフに見る事例から~

また、論文みたいなタイトルですが。笑。

オールドスカーフを観察していると、
オヤのモチーフや草部分の形、色合いなどの
編み手さんが、いろいろ試行錯誤して、あるいは途中変更して完成に至る、
というケースにしばしば出会います。

これは、オデミシュで買ってきたオールドスカーフ。
畳まれて仕付けのかかった状態でした。
※(写真のものは仕付けを外しています)
 DSCN7311.jpg

ハヌメリ(忍冬:スイカズラ)っぽいオヤだけど、
途中で絹糸が足りなくなってナイロン糸に替えたのね、、と。
そこまではなんとなく分かっていました。
 DSCN7312.jpg

買ってきたまま置いていたのですが、
ふと先日、仕付けを外して広げてみると、ヤズマのお柄がとってもかわいい♡
 DSCN7321.jpg

あら? 白いとこがある。
 DSCN7316.jpg
 
どうやら、この白いところから編み始めたらしい。。
けど、最初に編んだモチーフはやめたのね。。
(ちょっと凝ったゲートを編もうとしたのかな?)
色も臙脂一色にまとめたのね。
 DSCN7315.jpg
 
形も色も決まったし、ぐるっと一周。。
 DSCN7317.jpg

途中、糸が足りなくなってナイロン糸へ。
 DSCN7318.jpg

そして、完成。。
 DSCN7319.jpg


広げて初めて見たものは、
畳んだままの時に想像していたものとは、ちょっと違った展開でした。
最初の白ベースで完成させたなら、まったく趣の異なるオヤスカーフになっていたでしょうね。

実は、オデミシュで買った時には、
モチーフもオデミシュにはあまり見かけない形だし、
ナイロン糸も使ってるし、、と、
これほんとにオデミシュのオールドのもの~?とか思ってたのです。
しかも売主の骨董商さんからも「これ変なんだよ」とか言われて。

編み手さんには、大変失礼極まりない限りなのですが、
なぜか気になって、連れて帰って来たのです。

今になって広げてみて、自分で使う気満々。笑。
春先辺りには使えるように、少し手を入れてみたいと思っています。


皆さんのお手元にも、
仕付けがかかってそのままのオールドスカーフはありませんか?
広げれば、新しい楽しみ方が待っているかもしれませんよ♡




web shop   トルコ伝統のレース編み イーネオヤ ロゼット



にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ アート・クラフト教室ブログランキング

趣味ぶろ 手芸教室ブログランキング

趣味ぶろ 手芸教室ブログランキング







 




comment 0 trackback 0
11.28
Tue
慌ただしかった11月もあとわずか。

今月は、11日 オヤマニアの会さん、12日 Baharさんの2会場で、
都内では、ほぼ2年ぶりにワークショップをさせていただきました。


オヤマニアの会さんから。
 blog用
ビベルフレームとジャガイモのお花、2つの作品ともに新しい試みを取り入れました。
チティオヤのワークショップは、初めての演習形式で行いましたが、
見えない部分を、まずは考えてみること、推測してみることは、
伝統モチーフを再現するときに不可欠な視点だな、、と改めて確認。。
個人的には、とても楽しいワークショップでした。笑。


Baharさんから。
 blog用
茨の実、ラーレとも、とても編み甲斐のある作品だと思います。。
特に茨の実は、ワイヤーの糸巻きから始まって、絹の糸撚り、絹糸の扱い方、枝の分枝法、全体の構造と、
一つの作品にこれでもかというくらい複数の要素を取り入れました。
ラーレは、見た目のボリュームほど複雑では無かったかと思いますが、
8番刺繍糸でやや苦戦される方も。。。
絹糸や綿の糸は、結び目がよく締まって解けにくいのが長所のひとつ。
編み慣れてしまえば、美しい仕上がりになりますので、作品作りにも取り入れてみてくださいね。


オヤマニアの会さん、Baharさん、どちらの会場にもたくさんのお客様にお越しいただきました。
楽しい豊かな時間を過ごさせていただきましたこと、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

また、オヤマニアの会事務局の皆様、Bahar春日一枝様、ミフリ野中幾美様をはじめ、
お世話になりました方々に厚く御礼を申し上げます。
皆様、本当にありがとうございました。


今年は、広島で、東京で、それぞれに新しい課題をいただきました。
今冬はそれらを練りつつ温めつつ、良いものに仕上げていきたいと思っています。

お休みしているウェブショップも12月初旬以降に再開の予定です。
少し整理をして、新しい作品キットなどもご用意したいと思っています。。

どうぞ、よろしくお願いいたします。




web shop   トルコ伝統のレース編み イーネオヤ ロゼット


にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ アート・クラフト教室ブログランキング

趣味ぶろ 手芸教室ブログランキング

趣味ぶろ 手芸教室ブログランキング






comment 0 trackback 0
11.02
Thu
Baharさんの11月の企画展
「受け継がれる伝統の手工芸 トルコのイーネオヤ」、本日よりスタートです。

速報によると、初日から大盛況とのこと。
BaharさんのFacebookにて店内のご様子などはこちらから→
溢れるトルコ手工芸品の数々。。これはもう、うっとりです💛

当方のワークショップの準備も、なんとかほぼ完了しました。
作りがいのある作品ってレシピも作りがいがあるってことを再確認。。。
今回の茨姫(茨の実)と親指姫(ラーレ)は難敵でした。。笑。。
でもその甲斐あって、良いものになっている(たぶんなっている、、はず。。。)と思いますので、
皆さん、どうぞお手柔らかに~。。。


さて、今回の茨の実には、チティオヤのテクニックを取り入れました。
 
 DSCN6956.jpg

葉の付け根がそれですが、
11日のオヤマニアの会さんで行うジャガイモのお花のチティオヤとは、
テクニックも形状も全く異なる内容です。
この作り方っていろいろ応用が効きそうだなと、今になって新しく思いついたことも。。
その点についても、ワークショップでお話しさせていただきますね。

そして、ラーレ姫。

 DSCN7135のコピー

ワークショップではDMCの8番刺繍糸を使いますが、
画像のラーレは、ハンガリーのネコちゃんマークの刺繍糸で作ってみました。
8番よりやや細い感じですが、DMCとはまた違ったマットでビビットな可愛らしい仕上がりです。
ネコちゃんの刺繍糸は、Baharさんでお取り扱いがあったかな。。
気になる方はお尋ねになってみてくださいね。
ワークショップではコットン糸の扱い方の特性などについてもお伝えします。


今回のBaharさんの企画展では、
ミフリ野中さんが手がける販売等々が素晴らしいこともさることながら、
ビギナーさんのためのイーネオヤワークショップがとても充実しています。
短期間で5つのワークショップっておそらく滅多にないことだと。

よしだながこ先生と細川亜紀子先生のワークショップは、
イーネオヤの基本中の基本の三角モチーフ。
この三角モチーフがないことには、大半のイーネオヤモチーフはできません。
お二人の先生方の三角モチーフを使った作品は、
編んでよし使ってよしの可愛い作品揃いです。

なおこ先生のワークショップは、ちょっと珍しい「コンヤの毛虫」モチーフ。
三角が基本と言いましたが、その三角を作るのが一番大事なオヤ結び。
そのオヤ結びを編み続けて作るのが、おそらく毛虫ちゃん。
オヤ結びはできるけど、まだ三角を編むのが難しい方や、
綺麗に目を揃えて編みたい方にもおすすめだと思います。


Baharさんのイーネオヤワークショップのお申込みはこちらまで→


12日のワークショップまで1週間少々。
残りの準備も楽しみながら過ごしたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。



余談。。これは「コンヤの蟻🐜」。
 
 DSCN7167.jpg

永遠のオヤ結びで、確かに蟻さんの行列に見えますよね。




web shop   トルコ伝統のレース編み イーネオヤ ロゼット


にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ アート・クラフト教室ブログランキング

趣味ぶろ 手芸教室ブログランキング

趣味ぶろ 手芸教室ブログランキング





comment 0 trackback 0
back-to-top