FC2ブログ
09.18
Wed
いよいよ明日からとなりました。

「SANUKI 彩sai 展」

 2019091723543770e.jpeg 



会期:2019年9月19日(木)~9月24日(火)
会場:CRAS[クラス]BY 株式会社ミゾブチ家具様
   香川県高松市香川町浅野1306-5


搬入・設営も無事に終えまして、
お客様をお迎えする準備も整いました。

 20190917235105e14.jpeg 
  
 201909172351228b9.jpeg 

 20190917235226def.jpeg 

 20190917235211103.jpeg 

拙作のブローチを中心としたアクセサリー類の他、
オデミシュやブルサをはじめ
トルコ各地のオールド~ヴィンテージのオヤスカーフも
ご用意しました。

また、今回ご一緒させていただく、
MORI GLASSさん、 
wood works 五坐さんの作品は、
身近にあると心も豊かになるような
素敵で美しいものばかりです。

ぜひ、お気に入りを見つけてにいらしてください。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

21日~23日は、10時~15時頃まで在店いたしておりますので、
ご質問などがございましたら、お気軽にお声をおかけくださいませ。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
 




 
 
web shop トルコ伝統のレース編み iğne oya Rosette



にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村



comment 0 trackback 0
09.18
Wed
オスマンル刺繍。

英語表記は、Ottoman embroidery:オットマン刺繍ですが、
トルコでは、Osmanlı Nakış オスマンル ナクシ:オスマン帝国の刺繍 と言いますので、
改めてオスマンル刺繍と呼ぶことに。

オスマンル。良い響きだと思います。
ブルサの刺繍学校の先生方が、古い刺繍を見せてくれる度に、
「これはオスマンルなのよ」と誇らしげに仰っていたことが、
とても印象的でした。

10月のオヤマニアの会
「花咲くアナトリアの大地より~トルコ伝統の手工芸~」では、
オスマンル刺繍のワークショップを行います。
オスマンル刺繍の主たる特徴は、布の表裏が同じ模様になることですが、
では、türk işi(テュルク イシ)、hesap işi(ヘサップ イシ)が何かというと、
ざっくり言えば、
türk işi → 布に図案を描いて刺す刺繍、
hesap işi → 図案は描かずに布の織目を数えて刺す刺繍
というところでしょうか。

türk işiの大きな特徴のひとつは、面を埋める刺し方。
フランス刺繍などでは、面を埋める刺し方には、
サテンステッチやロングアンドショートステッチなどがありますが、
türk işiでは、主にpesentと言う刺し方で面を埋めていきます。
刺すときは、描いた図案に沿って布の織目を頼りに糸の本数を数えて刺すシンプルなステッチです。
 IMG_3366.jpg
 IMG_4176.jpeg


hesap işi の hesap は数えるという意味ですから、区限刺繍・カウンティッドステッチのこと。
hesap işi では、duz igne や gozemeというステッチなどで、線や面を刺していきます。
 IMG_8575.jpg
 ヘサップイシ再現


türk işi、hesap işi どちらにも、もちろんこの他に多種多様なステッチが使われていますし、
türk işi と hesap işi を組み合わせた作品も多くあります。
またオスマンル刺繍と言えば、金属刺繍の技法も加えられた豪華なものが多いのも特徴です。
 金属刺繍


10月のワークショップで取り上げる主なステッチはこちらのもの。
 IMG_8775.jpg


オスマンル刺繍。
細やかで美しい刺繍ですが、実はとてもシンプルです。
刺繍のステッチそのものは難しくないので、
楽しんで刺していただけるかと思います。

türk işi では、あっと驚く図案の布への描き方も含めて、
türk işi、hesap işi ともに楽しいオスマンル刺繍をお伝えしたいと思っています。


「花咲くアナトリアの大地より」~トルコ伝統の手工芸~
ワークショップのお申込みはこちらから→
どうぞ、よろしくお願いいたします。
 

 
*****************

「花咲くアナトリアの大地より」~トルコ伝統の手工芸~
ウズベク刺繍スザニ、イーネダンテル、キリム、絨毯のワークショップと、
スザニ、マルディンのお話会は、
オヤマニアの会様までお申し込みください。

 告知用タイムテーブル20190905 



 
 
web shop トルコ伝統のレース編み iğne oya Rosette



にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

comment 0 trackback 0
09.02
Mon
《書籍掲載のお知らせ》

日本ヴォーグ社様の季刊誌「私の花生活 No.95 2019 Autumn」
“花つくり人”のページに拙作とインタビュー記事をご掲載いただきました。
 20190902110418d69.jpeg
 
掲載作品のボタニカルイーネオヤは、
その名の通り「植物をリアルに表す」ことをコンセプトにしていますが、
本作品では数年来温めてきた技法もふんだんに取り入れて制作しました。
 2019090211045087f.jpeg
※こちらの画像は書籍掲載のものではありません。

インタビューでは、イーネオヤに出合った経緯や制作上のこだわりなど、
花つくり人のページをご担当されているBahar 春日一枝さんが簡潔にまとめてくださっています。

本日9月2日の発売です。
どうぞ、たくさんの皆様にお読みいただけますように。

そして。。。
プロフィール写真では公の初顔出しもしています〜。
 20190902110436c91.jpeg


*************
「花咲くアナトリアの大地より」
~トルコ伝統の手工芸~
ワークショップのご案内はこちらから→
引き続き、どうぞよろしくお願いします。




 
 
web shop トルコ伝統のレース編み iğne oya Rosette



にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
back-to-top