09.08
Tue
糸のいろいろ。
今日はトルコの昔の人工シルク糸。ずいぶん古いもののようです。

現行品の人工シルク糸と違って、ツヤツヤのツルツルすべすべ。
レーヨンかな〜?

少量の綛だったので、擂粉木を使って小さな糸玉に巻き巻き。
出来上がりは、コロンと可愛らしくなりました。

201509080938396e2.jpg

見た目は太い1本ですが、
DMCのコットンパール8〜12番程度の細い糸が3本合わさっています。
そのうちの1本で試し編みをしてみたのですが、、、、
とっても切れやすい。。。
もともとレーヨンなら状態によっては切れやすいし、
この糸にはもちろん経年劣化もある。。。
イーネオヤを編むにはちとキビシイかなぁ。。と。

ついでに言えば、
巻き巻きした糸玉もツルツル故に内側から外側から緩みやすい。。
(これは巻き方の問題ありそうです^^;)

オヤにはちょっと不向きかもしれませんが、
刺繍、織りなど糸に負荷が少ない方法であれば使えそうなので、
ここはじっくり寝かせて、使い道を考えようと思います。

でも、寝かせすぎたら忘れちゃうんだよね。。。^^;。
気をつけましょう。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村



関連記事

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://rosetteoya.blog.fc2.com/tb.php/184-a163c6fc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top