04.12
Sun
先々週のこと、
九州方面へ出かけてきました。

佐賀県の吉野ヶ里歴史公園へも行ってきたのですが、
 
S1510011.jpg

興味深かったのは園内の『古代植物館』。
遺跡からは、木製のスピンドルや石の紡錘車、絹織物も出土し、
弥生時代から養蚕、紡績、機織りがなされていたことが分かります。
そして、古代植物館の工房で出会ったのが、このお蚕さん。
緑の粒々は桑のつぼみの新芽。
(芋虫系苦手な方はクリックしない方が良いかも、、、)

 
kaiko_20150412193944b70.png

職員の方にお話を伺うと、
こちらの工房でも、当時を再現して、蚕を育てて生糸を紡いで染色して織っていらっしゃるとのこと。

黄色の繭玉や、繭玉で作ったお花、未精錬の生糸がありました。
 
生糸

染料も当時使われていたと推測される植物や貝類で。
 
染め

使っている織機は全部職員の方の手作り。
 
織機
腰に固定して織るタイプだそうで、「力が要りますね~」とお話しすれば、
「楽しくて楽しくて、全然気にならないんです」と仰っていた職員の方の笑顔が、
とても印象的でした。


発掘調査に基づいて当時の植生を再現している遺跡内(環濠内)の植物。
春の野草が美しく咲いていました。
こんな愛らしい風情のイーネオヤも作ってみたいですね。


 2syu.png

 4syu.png




*参考リンク
吉野ヶ里歴史公園
紡錘車(情報処理推進機構)
絹織物(情報処理推進機構)
紡錘(Wikipedia)



にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ


comment 0 trackback 0
back-to-top