05.31
Sat
アンネのお宅からの帰り道。
ミフリさんが道端でイーネオヤを編んでいる女性たちを発見!

本当に道端で。。
本や写真で知ってはいたけれど、実際の場面に出合ってちょっと感動です。
お話を伺って編んでいるものも見せていただきました。

布やテープに編まれたオルネキ(サンプラー)。
(本当はスカーフを仕立てていらしたのですが、、写真撮り忘れました^^;。。)

アイドゥンオルネキ  アイドゥンオルネキ2

アイドゥンオルネキ4  アイドゥンオルネキ3

アイドゥン伝統のものではなく、トルコ共通(?)のモチーフの様でしたが、
スンネット(割礼式)などのためのスカーフを編んでいるのだそうです。

持ち合わせていた自作のオルネキをお見せすると、

オルネキ  一緒に。

他の地方のモチーフが珍しかったようで、「写真撮らせてね~」と連呼され…(笑)。
(このオルネキは、イーネオヤのどの街でも人気物?でした。)
そしてお手製のスカーフまで、プレゼントにいただいたり。

私からはバラの蕾をお返しに。。

lady.png

15歳からイーネオヤを編み始めて7年目、というこの女性。
素敵な飾り方ですね。


こうした思い掛けない出会いもあって、好発進の旅の始まりなのでした。


facebook


にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村



comment 0 trackback 0
back-to-top