11.02
Thu
Baharさんの11月の企画展
「受け継がれる伝統の手工芸 トルコのイーネオヤ」、本日よりスタートです。

速報によると、初日から大盛況とのこと。
BaharさんのFacebookにて店内のご様子などはこちらから→
溢れるトルコ手工芸品の数々。。これはもう、うっとりです💛

当方のワークショップの準備も、なんとかほぼ完了しました。
作りがいのある作品ってレシピも作りがいがあるってことを再確認。。。
今回の茨姫(茨の実)と親指姫(ラーレ)は難敵でした。。笑。。
でもその甲斐あって、良いものになっている(たぶんなっている、、はず。。。)と思いますので、
皆さん、どうぞお手柔らかに~。。。


さて、今回の茨の実には、チティオヤのテクニックを取り入れました。
 
 DSCN6956.jpg

葉の付け根がそれですが、
11日のオヤマニアの会さんで行うジャガイモのお花のチティオヤとは、
テクニックも形状も全く異なる内容です。
この作り方っていろいろ応用が効きそうだなと、今になって新しく思いついたことも。。
その点についても、ワークショップでお話しさせていただきますね。

そして、ラーレ姫。

 DSCN7135のコピー

ワークショップではDMCの8番刺繍糸を使いますが、
画像のラーレは、ハンガリーのネコちゃんマークの刺繍糸で作ってみました。
8番よりやや細い感じですが、DMCとはまた違ったマットでビビットな可愛らしい仕上がりです。
ネコちゃんの刺繍糸は、Baharさんでお取り扱いがあったかな。。
気になる方はお尋ねになってみてくださいね。
ワークショップではコットン糸の扱い方の特性などについてもお伝えします。


今回のBaharさんの企画展では、
ミフリ野中さんが手がける販売等々が素晴らしいこともさることながら、
ビギナーさんのためのイーネオヤワークショップがとても充実しています。
短期間で5つのワークショップっておそらく滅多にないことだと。

よしだながこ先生と細川亜紀子先生のワークショップは、
イーネオヤの基本中の基本の三角モチーフ。
この三角モチーフがないことには、大半のイーネオヤモチーフはできません。
お二人の先生方の三角モチーフを使った作品は、
編んでよし使ってよしの可愛い作品揃いです。

なおこ先生のワークショップは、ちょっと珍しい「コンヤの毛虫」モチーフ。
三角が基本と言いましたが、その三角を作るのが一番大事なオヤ結び。
そのオヤ結びを編み続けて作るのが、おそらく毛虫ちゃん。
オヤ結びはできるけど、まだ三角を編むのが難しい方や、
綺麗に目を揃えて編みたい方にもおすすめだと思います。


Baharさんのイーネオヤワークショップのお申込みはこちらまで→


12日のワークショップまで1週間少々。
残りの準備も楽しみながら過ごしたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。



余談。。これは「コンヤの蟻🐜」。
 
 DSCN7167.jpg

永遠のオヤ結びで、確かに蟻さんの行列に見えますよね。




web shop   トルコ伝統のレース編み イーネオヤ ロゼット


にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

趣味ぶろ 教室ブログランキング

趣味ぶろ アート・クラフト教室ブログランキング

趣味ぶろ 手芸教室ブログランキング

趣味ぶろ 手芸教室ブログランキング





comment 0 trackback 0
back-to-top