FC2ブログ
12.16
Sun
「編み包む」。
オヤフェスJapan2019のワークショップ作品のテーマと一つとなっています。

イーネオヤの作品を実用として楽しむとき、その主なものはアクセサリーに仕立てること。
既存のものでは、
作品の完成後に金具を取り付ける、作品を金具に直接編み付ける、などの方法がありますが、
新たに加わったのが「編み包む」方法です。
「編み包む」とあるように、別々のパーツをはぎ合わせるのではなく、
金具を包むためのひとつのパーツを編む過程で、金具を編み包んで作ります。
編む過程の中で直接金具を編み包むデザインにすることで、
作品の形も保ててアクセサリーとしての強度も保障されるし、
何と言っても金具付けが面倒くさくない(笑)。
編み包む方法も、金具に応じて、あるいは作品の形に応じていろいろなバリエーションが生まれています。

編み包む

ウェブショップには、「編み包む」作品として既に露草のピアス・イヤリングを掲載していますが、
先ほどビーズのピアスセット(画像:右上)もアップしました。こちらも手軽で楽しくお作りいただけるデザインです。

新しい形の構想も浮かんでいます。少しずつ形にして行きたいと思います。








comment 0 trackback 0
back-to-top