FC2ブログ
09.18
Wed
オスマンル刺繍。

英語表記は、Ottoman embroidery:オットマン刺繍ですが、
トルコでは、Osmanlı Nakış オスマンル ナクシ:オスマン帝国の刺繍 と言いますので、
改めてオスマンル刺繍と呼ぶことに。

オスマンル。良い響きだと思います。
ブルサの刺繍学校の先生方が、古い刺繍を見せてくれる度に、
「これはオスマンルなのよ」と誇らしげに仰っていたことが、
とても印象的でした。

10月のオヤマニアの会
「花咲くアナトリアの大地より~トルコ伝統の手工芸~」では、
オスマンル刺繍のワークショップを行います。
オスマンル刺繍の主たる特徴は、布の表裏が同じ模様になることですが、
では、türk işi(テュルク イシ)、hesap işi(ヘサップ イシ)が何かというと、
ざっくり言えば、
türk işi → 布に図案を描いて刺す刺繍、
hesap işi → 図案は描かずに布の織目を数えて刺す刺繍
というところでしょうか。

türk işiの大きな特徴のひとつは、面を埋める刺し方。
フランス刺繍などでは、面を埋める刺し方には、
サテンステッチやロングアンドショートステッチなどがありますが、
türk işiでは、主にpesentと言う刺し方で面を埋めていきます。
刺すときは、描いた図案に沿って布の織目を頼りに糸の本数を数えて刺すシンプルなステッチです。
 IMG_3366.jpg
 IMG_4176.jpeg


hesap işi の hesap は数えるという意味ですから、区限刺繍・カウンティッドステッチのこと。
hesap işi では、duz igne や gozemeというステッチなどで、線や面を刺していきます。
 IMG_8575.jpg
 ヘサップイシ再現


türk işi、hesap işi どちらにも、もちろんこの他に多種多様なステッチが使われていますし、
türk işi と hesap işi を組み合わせた作品も多くあります。
またオスマンル刺繍と言えば、金属刺繍の技法も加えられた豪華なものが多いのも特徴です。
 金属刺繍


10月のワークショップで取り上げる主なステッチはこちらのもの。
 IMG_8775.jpg


オスマンル刺繍。
細やかで美しい刺繍ですが、実はとてもシンプルです。
刺繍のステッチそのものは難しくないので、
楽しんで刺していただけるかと思います。

türk işi では、あっと驚く図案の布への描き方も含めて、
türk işi、hesap işi ともに楽しいオスマンル刺繍をお伝えしたいと思っています。


「花咲くアナトリアの大地より」~トルコ伝統の手工芸~
ワークショップのお申込みはこちらから→

どうぞ、よろしくお願いいたします。


*****************

「花咲くアナトリアの大地より」~トルコ伝統の手工芸~
ウズベク刺繍スザニ、イーネダンテル、キリム、絨毯のワークショップと、
スザニ、マルディンのお話会は、
オヤマニアの会様までお申し込みください。

 告知用タイムテーブル20190905 



 
 
web shop トルコ伝統のレース編み iğne oya Rosette



にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
09.02
Mon
《書籍掲載のお知らせ》

日本ヴォーグ社様の季刊誌「私の花生活 No.95 2019 Autumn」
“花つくり人”のページに拙作とインタビュー記事をご掲載いただきました。
 20190902110418d69.jpeg
 
掲載作品のボタニカルイーネオヤは、
その名の通り「植物をリアルに表す」ことをコンセプトにしていますが、
本作品では数年来温めてきた技法もふんだんに取り入れて制作しました。
 2019090211045087f.jpeg
※こちらの画像は書籍掲載のものではありません。

インタビューでは、イーネオヤに出合った経緯や制作上のこだわりなど、
花つくり人のページをご担当されているBahar 春日一枝さんが簡潔にまとめてくださっています。

本日9月2日の発売です。
どうぞ、たくさんの皆様にお読みいただけますように。

そして。。。
プロフィール写真では公の初顔出しもしています〜。
 20190902110436c91.jpeg


*************
「花咲くアナトリアの大地より」
~トルコ伝統の手工芸~
ワークショップのご案内はこちらから→
引き続き、どうぞよろしくお願いします。




 
 
web shop トルコ伝統のレース編み iğne oya Rosette



にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
09.01
Sun
「花咲くアナトリアの大地より」~トルコ伝統の手工芸~ 

2019.09.07追記

たくさんのお申込みをいただきましてありがとうございます。
9月7日10時現在のお申し込み状況は以下の通りです。

レースブレードネックレス満席となりましたため、キャンセル待ちを申し受けます。

オスマンル刺繍1(turk isi)       :残席6(定員8名)
オスマンル刺繍2(hesap isi)      :残席6(定員8名)
イーネオヤ1(基本のオヤ結び)      :満席
イーネオヤ2(レースブレードネックレス) :満席
イーネオヤ3(骨董イーネオヤ再現)   :残席2(定員10名)

イーネオヤ2(レースブレードネックレス)とイーネオヤ3(骨董イーネオヤ再現)につきましては、
早々に8枚様からお申込みをいただきましたため、定員を10名様に増やして対応させていただきます。
会場の机等が少々手狭になると思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。


今回はウェブショップからのお申込みになりますので、下記のリンク先へお越しください。
お申込み先→こちら。


ウェブショップからのお申込みが上手くできない場合は、
以下の項目をご記載の上、
igneoya.rosette@gmail.com までお知らせください。

 ①ご希望の講座名
 ②お名前
 ③メールアドレス
 ④当日ご連絡の取れる携帯電番号

また、ご受講の皆さまにはお申込み確認メール(自動配信ではない)を差し上げておりますが、
未着、あるいは迷惑メールに振り分けられる場合があるようです。
お申込みから12時間経っても確認メールが届いていないという方がいらっしゃいましたら、
igneoya.rosette@gmail.com までお知らせください。
お手数をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

★キャンセル待ちをご希望の場合には、
講座名とお名前、メールアドレスをご記入の上、
ウェブショップのお問い合わせ、あるいはigneoya.rosette@gmail.com
からお申込みください。

==============================

 申込み案内用
  


定員横の( )内は2019年9月5日9時現在のお申込み状況です。

オスマンル刺繍1
テュルクイシ告知
「Türk işi のニードルボックス」
日時:10月12日(土) 13:15~15:15
ご受講料:8,800円(税込)
キット内容:刺繍針、ブルサ絹糸、図案解説、カルトナージュ小箱
募集人数:8名様(残席6)
持ち物:刺繍枠(10〜12㎝)、糸切りハサミ
    B芯のシャープペンシル、筆記用具
☆ご受講に際して
 刺繍のご経験のあることが望ましいです。
 刺繍のカテゴリーは問いません。


オスマンル刺繍2
ヘサップイシ告知用
「Hesap işi のニードルボックス」
日時:10月12日(土) 15:30~17:30
ご受講料:8,800円(税込)
キット内容:刺繍針、ブルサ絹糸、図案解説、カルトナージュ小箱
募集人数:8名様(残席6)
持ち物:刺繍枠(10〜12㎝)、糸切りハサミ、筆記用具
☆ご受講に際して
 刺繍のご経験のあることが望ましいです。
 (ご経験の刺繍のカテゴリーは問いません)


イーネオヤ1
IMG_8211.jpg  
「オヤ結びポイントレッスン」

日時:10月13日(日) 10:15~11:15
ご受講料:3,300円(税込)
募集人数:満席(キャンセル待ち受付中)
持ち物:普段お使いの針と糸、練習用の布
    糸切りハサミ、筆記用具
☆オヤ結びを美しく結うために必要な要素について、  
 針の持ち方、糸の繰り方等々のポイントを解説します。
 ☆ご受講に際して
 ご経験のレベルは問いません。どなたさまもご受講いただけます。
 こちらの講座にはキット等の材料はつきません。
 基本のオヤ結びを結ぶことだけに特化した内容ですので、
 作品を作るという設定ではありません。




イーネオヤ2
レースブレード告知用
「レースブレードネックレス」
☆《ひと続きに編む》をテーマに
 ブレード仕立てのネックレスを作ります。
日時:10月13日(日) 11:30~13:30
ご受講料:8,800円(税込)
キット内容:オヤ糸、金具類、レシピ
募集人数:満席・キャンセル待ち受付中
持ち物:縫い針、糸切りハサミ、ライター
    筆記用具
難易度:一通りのイーネオヤ技法ができること、
    かつ、イーネオヤ図案が理解できること


イーネオヤ3
骨董ビベル告知用
「骨董イーネオヤの再現」
~トウガラシ biber のオヤ~
日時:10月13日(日) 14:15~18:15
ご受講料:12,000円(税込)
キット内容:ブルサ絹糸 馬尾毛、ワイヤー、レシピ 
募集荷人数:10名様(残席2)
持ち物:縫い針(先丸細針が望ましい)、糸切りハサミ、筆記用具
難易度:一通りのイーネオヤ技法ができること
    ブルサ絹糸の扱いに慣れていることが望ましい
骨董オヤ出典
SADBERK HANIM MÜZESİ KOLEKSİYONUNDAN OSMANLI İŞLEMELERİ
 ...el emeği göz nuru



どうぞ、よろしくお願いいたします。



「花咲くアナトリアの大地から」
~トルコ伝統の手工芸~
ウズベク刺繍スザニ、イーネダンテル、キリム、絨毯のワークショップと、
スザニ、マルディンのお話会は、
オヤマニアの会様までお申し込みください。

 告知用タイムテーブル20190905 



 
 
web shop トルコ伝統のレース編み iğne oya Rosette



にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

comment 0 trackback 0
back-to-top