FC2ブログ
07.24
Tue
オヤ旅に続いたオットマン刺繍旅。
オヤ旅よりも遥かに勝る緊張と集中の連続の日々でした。

あまりに集中しすぎて、きちんと整理できません。
内容については、ぜひ野中幾美さんのブログをご覧いただければと思います。

 IMG_2928.jpg 
 施設外観、再現の様子、オリジナル(左下)と再現(右下)

 IMG_2926.jpg
 展示物:オスマン帝国時代の刺繍の数々

オットマン刺繍旅で思ったことは2点ほど。

まず、同じ絹糸と針を使うと言ってもイーネオヤは本当に単純明快。
上達に必要なのは固く引き締まった結び目。
これが正しくできることが何よりも上達への近道だと、改めて再確認しました。

そして日本との違いは、県レベルの行政機関が、
オットマン刺繍やイーネオヤなど手工芸の技能士(というのかな)の養成を行っていること。
トルコ国内主要都市の10カ所に養成施設があるそうですが、
単独の県あるいは複数の県で履修した時間の合計で公的な資格が取れ、申請をすれば教室や講座を開けること。
ここが明らかな日本との違い。
手芸を生業にするといっても、トルコと日本では社会的環境も地位も位置づけが違うのです。
当然、そのすそ野の広がり方も違うでしょう。
などなど。。
悶々と考えることはいろいろありますが、結局は自分の道を真摯にやるだけなのですが。。。

で、今やるのは、とうに期限を過ぎたオットマン刺繍の宿題(笑)。
暑いですが心穏やかに刺したいと思います。

  IMG_2929.jpg
 課題作品:オリジナル(左上)、私の(左下)、生徒さんによる再現(右上下)


 IMG_2927.jpg
 ブルサの街の一コマから。また訪れたいトルコです。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村






comment 0 trackback 0
07.13
Fri
7月5日から10日までのオヤツアー。
オデミシュから始まってタウシャンル、ブルサへと体も頭もフル回転の6日間でした。

201807121217363f1.jpeg
オデミシュではイーネダンテルを。

20180712234217329.jpeg
タウシャンルでは菩提樹のチティオヤを。

2018071223493551a.jpeg
ブルサではエフェオヤを。

それぞれの町で先生方が仰るには、「編み間違っても糸は切らない」と。
中身が濃すぎで筆舌に尽くせませんが、イーネオヤを編む上での、その心構えの根幹に関わることを教えていただいたと思います。


201807122340596f2.jpeg

201807122340257d1.jpeg


そして昨日からは、ブルサにてオットマン刺繍旅も始まりました。
こちらの大先生が仰ったのは、
「美しい所作の元でしか、美しい作品は生まれない」。

背筋を正して過ごしたい4日間の始まりです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村



comment 0 trackback 0
06.27
Wed
梅雨入りですね~と言っていた前回ですが、
来週から、もう7月。梅雨明け間近ですね。

さて、何点かお知らせがあります。

まずは1点目。
7月の営業のご案内です。
201807.png

前半どーんとお休みをいただきまして、今年2回目のトルコへと行って参ります。
今回はイーネオヤとオットマン刺繍のツアーで、4年ぶりのオデミシュとブルサ、そして初めてのタウシャンル。
頭を素にして、たくさん吸収出来たら良いなと思っています。
まだ荷物も組んでいませんが、真夏の10日間以上ですので着替え等々もそれなりに多くなるでしょうか。。
うまく無駄のない(笑)詰め合わせが肝要ですね。
余裕がありましたら現地からレポートしたいと思います。

7月後半から学校の夏休みに入りますため、予定外の営業の変更もあるかと思います。
変更がありましたらFacebookページのトップにご案内を掲載いたします。
サイドバーにリンクバナーを貼っておきますので、そちらからご覧ください。
よろしくお願いいたします。


2点目。
NHK文化センター高松教室様のトゥーオヤ講座も、お陰様で10月から4期目を迎えます。
それに先立ちまして、7~8月で短期講座(全2回)を開催いたします。
2回かけてのご受講に合わせて、いろいろなトゥーオヤ技法を用いたややボリュームのある課題を選びました。

IMG_1787.jpg

お申込み、お問い合わせはNHK文化センター高松教室様まで→こちら
どうぞ、よろしくお願いいたします。


3点目。
ブログ更新がなかなか進まず間遠になっておりますが、
最新の情報や作品などはFacebook、Instagramなどに随時アップしております。
Twitterも細々と始めてみましたので、合わせてご覧くださいませ。

 
 



やりたいこととやらねばならぬことが山ほどあって、思うようには進みませんが、
トルコから帰国したら、こちらのものなどウェブショップへも新作をアップしたいと思います(あくまで希望:笑)。

FF2FB0AC-604B-4528-B852-C0A7E4DA353E.jpg


では、次回はトルコから!   (…のはず:笑)



にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
back-to-top